EPISODE 06 in 2003年11月

3度の取引きと2度の買戻しを
サポートしました。

私たちと長きにわたりお付き合いしていただいていた方が、家の維持管理ができなくなったためにご兄弟の近くに転居されることとなり、愛犬と一緒に住まわれていた大きな家の売却のご相談をもちかけてくれました。敷地は大きく、一部に住宅を建築できない土地もありましたが、なんとかご契約となり、無事愛犬とともにお引っ越しをすることができました。売却した土地には建売住宅が建築され、まもなく販売もスタートしたのですが、そんなとき前オーナーであるお客様から連絡をいただきました。「私はもとより、うちの犬も引っ越し先になじめないから、元の家があったところに戻りたいんです。今、建てている建売住宅を1棟買いたいのですが…」とのことでした。こうした事情を分譲主様に説明して理解したいただいたうえで、売却した土地の1区画分を買い戻すこととなり、長年住んだ愛着のある土地にまた戻ってこられました。その後、お客様もその愛犬もお亡くなりになり、相続されたご兄弟からふたたび住まいの売却のご依頼をいただきました。住まいの中には荷物がたくさんあり、かんたんに売却できる状態ではなかったため、あらためて分譲主様に相談をもちかけたところ、「もともとは私たちが建てて販売した家ですので、ぜひ購入したい」というお返事をいただき、再び分譲主様へ売却しました。今では新しいご家族が住まわれ、その住まいを大切に使ってくれています。幾度も取引きを手伝わせていただいた、不思議な運命を感じるご縁です。