EPISODE 01 in 2009年4月

雨の日の小さなできごとが、
大きな出会いとなりました。

春の雨の日のことでした。会社の店頭で足をすべらせて転んでしまったお年寄りがおられたのです。私たちは心配して駆け寄り、一人暮らしをしているというマンションまで送り届けました。それからしばらくすると、その方の甥にあたる方が来店され、「先程は叔母を助けていただき、ありがとうございました」と丁寧にお礼をおっしゃってくださりました。と同時に、「いつまでも叔母に一人暮らしをさせておくのは心配だから、近いうちに私たちと同居してもらおうと考えています。つきましては、叔母が住むマンションの売却を手伝っていただけませんか」というご依頼も。駅から近く、窓からは富士山も眺められる好条件のマンションだったため、買い手は見つかり無事ご契約となりました。それから数年後、ふたたび甥の方から連絡があり「地方に移住することとなったので、今度は私たちの自宅を売却したい」とご依頼をいただきました。ひょんなことがきっかけで、ご家族みなさまの住み替えのお手伝いをすることができました。春の雨がつないでくれた、しあわせなご縁です。